松果体

2019年03月20日

松果体の働きは、現代の医学ではまだ不明です。

わかっていることは睡眠に関係してたり

ホルモンバランスを調整したり

昼夜のリズムを感じる器官というだけです。

しか~~し

いろんな精神世界の本を読みますと

どうやら宇宙のエネルギー叡智を感じる器官だそうです。

特に本格的にやっている人のヨガの本、密教、気功の本には

どういう役割かはっきり書かれています。

それに加えて胸腺と盲腸(虫垂)も医学では謎ですが

どういう役割か書かれています。

なんで松果体に興味を持ったかといいますと

潜在意識を開発!みたいな本を読んでいると必ず出てきます。

潜在意識の開発=脳の開発=松果体を鍛えるという流れです。


それには呼吸法だったりイメージで松果体を意識して活性化させます。

すると、光が見えたりサイキックな能力が使えるようになったりと

第六感が使えるようになるようなこと書かれてます。

例えば

ここを呼吸法や瞑想で開発してくると

  • 額の中央が痛い、熱い、圧を感じる、涼しい
  • 頭の芯が厚く頭痛がする
  • 目の奥がむずむずする
  • 光を見る
  • 紫の光が見える
  • 目の奥にもやもやした光が見える
  • 昼間沢山の小さな透明な光が躍るように見える
  • 空気中に霧雨のような気を見る
  • 直観がさえる
  • 寝ているときに幽体離脱を経験する

みたいなことが起こるそうです。

あなたも何かみにおぼえないですか?

そこで

実際に毎日できて簡単な方法2つあります。

それは「鼻うがい」と「太陽を見る」です。

粉症に良いからと今は結構取り入れている人多いと思いますが、

それはもっと深い意味で松果体を刺激して脳を活性化し宇宙の叡智を取り入れやすくするためです。

そこにフッ素を取り入れてしますと、石灰化して宇宙の叡智を受け取れなくなってしまいます。


水道民営化→フッ素添加→日本人の知能低下→奴隷化→終了


なんてならないように気を付けましょう。


それはさておき


あと


朝太陽の光を浴びると松果体が刺激されてメラトニンがでます。

このメラトニンは夜ぐっすり眠るためにも必要なホルモンです。

松果体は99%は珪素でできています。ケイ素はパワーストーンである水晶の主要構成成分でもあります。

珪素にはエネルギーの乱れを読み取れる能力があってそのエネルギーを全部吸収してその乱れを修正するのに必要なエネルギーを出します。

水晶も松果体も生命エネルギーの振動数を変換してそれらのDNAをコントロールするエネルギーに変えます

珪素の役割は

大まかに4つ

  • 松果体のを活性化
  • 胸腺を活性化
  • ミトコンドリアの活性化
  • 放射能や有害物質の解毒

です。


これからの健康のキーワードに

松果体 珪素 ソマチッド テラヘルツ鉱石

が来ると思いますので

知識として知っていて損はないと思います。

松果体が発達して天の氣だけと繋がっている人は

スピリチュアルすぎて地球社会には適応しずらいです。

いうことはごもっともですが、行動が伴っていない方が多いです。

逆に地のエネルギーだけ通っている人は

元気だけれども自分は何者か人生で何をしたらいいかわからないので苦しんだりします。

その「天の氣」「地球の氣」が両方通って初めて地球上で調和した人になれます。

なんでもバランス場大事だということです。