肋骨を緩めると

2019年03月19日

今、呼吸が浅くなっている人が多いです。

腰が辛い、肩が凝るという人が多いですが

それ以上に、特に背中(肋骨周り)が

カチカチの人が多いです。

肋骨周り丁寧に緩めていきますと


帰り際に、

呼吸がしやすくなった~、
深く息が吸えるー


とお客様に喜んでもらえます。

肋骨の硬さが呼吸の浅さに繋がっていて

その呼吸の浅さが、全身の血液リンパの循環を滞らせて

慢性的な疲れ、肌荒れ、体の硬さを引き起こしてしまいます。


特に、

デスクワークの仕事の方が背中硬い人多いです。

なぜ硬くなってしまうのかといいますと

同じ姿勢を続けているというのもありますが、


それ以上に

意識を一点に集中しすぎているからだと思います。


集中は大事なのですが、すぐに疲れてしまいます。

肩の力を抜いて、自分を第三者の立場の視点で仕事を進めていくと

肩に力が入らずに淡々と作業できます。

職場の周りで同じ作業でも肩が凝らない人見つけて

その姿勢や動きを観察してみると発見があると思います。

深い呼吸が長生き若返りの秘訣になります。


ヨガは呼吸をものすごく大事にします。

筋肉筋をめっさ鍛えているような感じです。

私も常に呼吸を意識してます。

そのおかげか頭はクリアーで身体の疲れがあまり残りません。

世の中たくさんの健康法、健康食品、エクササイズありますが

ただで吸える空気の深い呼吸が一番の健康法だと確信しています。