呼吸法2

2019年03月19日

過去にいろいろな自己啓発系の

教材やトレーニング試してみました。

暗記術、速読、七田式○○、ヘミシング、アルファシータ波発生装置


森田健の六爻占術、ナポレオンヒル、速聴4倍速、虚空蔵求聞持法その他いろいろ

どれもいまいちでした(+_+)

私には合わなかったと思いたいです。

そのなかで自分に適した効果があった方法ありました。


それは呼吸法でした。

呼吸法も潜在能力開発の一つです。

・自分の眠っている潜在能力を引き出したい。

  • 病気を完治したい、
  • 願望達成したい等

そんな悩んでいることや願いが実現できたらというのは、

人の基本的な欲求ではないでしょうか(私は人一倍強いです)

 

またそういう教材やトレーニングが多くあるということは

いかに多くの人が悩み、

教材やトレーニングを購入しているかわかるかと思います。


その中で、共通したものがあります。

それは呼吸です。

どの教材やトレーニングでも

呼吸をコントロールしてリラックス状態を作るという

ことを大事にしています。

リラックスが大事なのですが

その状態を作るのに時間がかかりますが

呼吸法をプラスして実践すると

深いリラックス創れます。


私が良くやっています

呼吸の中でも印堂の呼吸法紹介します。

  • 印堂の呼吸法●


眉間に、「印堂」と呼ばれるツボがあります。

そこから息を吸い込み、頭の内部に位置する松果体を通して、

後頭部の盆のくぼ、背骨、尾骨という順番に通すイメージをします。

このイメージとともに呼吸を行います。


姿勢は、座るか立つか、仰向けで寝るかのいずれかで行ないます。



寝てるほうが身体の力が抜けて身体の感覚を

感じやすくなると思います。


大事なのは、

眉間の印堂からエネルギーを吸い込むイメージをしながら息を吸います。

印堂から吸い込んだエネルギーを松果体に通し、盆のくぼ(うなじのくぼみ)まで通します。

息を吐きながら盆のくぼまで通したエネルギーをさらに下ろし、

背骨を下ろしていって尾てい骨まで通します。

尾てい骨の先端に達したエネルギーはそこに落ち着き、活性化します。

上述のイメージとともに自然な呼吸を繰り返します。

1日10分以上行うと背骨や頭の中の感覚が変わってきます。


頭がすっきりしてきて背骨が熱くなってきたらしめたものです。

終わった後は、身体が軽くなっていて元気もりもりです。

ちょっとした休憩中とかにやっとくと元気すぐに

回復します。


大体の方が背骨に疲れ溜め込んでいますので

印堂の呼吸だけでも実践されると良いですよ


ではまた(^_-)-☆