体の力を抜く

2019年03月19日

身体の力が抜けない人が多いです(特に肩首)

施術中ストレッチをかけようとすると自分から伸ばそうとしてしまう人、押すとそれ以上に強い力で押し返してくる人。

そして仰向けで寝ていますと、肩首に力が入ったままの人です。

初めてお店に来た人なら緊張して力が抜けないのも分かります。

しかし、よく来ている人でも、力の抜けない人(特に肩回り)

が多いように感じます。

目次

身体の力が抜けない原因

対処方法

原因は大体6つあります

原因

  • (仕事や家事)ストレスが続く
  • 集中し過ぎている
  • 強迫観念が何かしらある
  • 人の目を気にし過ぎている
  • あまり運動しない
  • 炭水化物を取りすぎている

人間ストレスを感じると身体が固くなります。

それが続くと力がはいったままの状態になってしまいます。

何かしら強迫観念がありますと身体の緊張が強く体が硬くなり力抜けないです

人に気を使いすぎると、体は防御態勢で硬くなります

運動をしないとよほど歩き回る仕事の人以外身体固くなります。

糖質の多い食事は柔軟性のない身体を作ってしまいます。

逆に言いますと

抜き方が分からなくなっていると思います。

多くの人が常に緊張していて、力を抜くということが感覚として、分からなくなっています。朝起きると、もう出かける支度をしなければなりません。すぐにPCと取り組んでメールを読む、スマホを眺めるという人も多いです。直ちに身体や頭に緊張が始まってしまいます。

職場に着くと、今度はPCと格闘です。私も一日PCと取り組むことがありますが、夕方になると、へとへとになっています。自分自身を振り返ってみて分かりますが、PCを使っていると1時間程度はすぐに経ってしまう。緊張がずっと続いているんですね。力が抜けていない。それを毎日繰り返していれば、自然に力の抜けない身体になってしまいます。中でも特に肩首に力が入ったままになっている人が多いです。

対処方法としましては

  • 運動をする(ヨガ、ラジオ体操、軽めのジョギング)
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • リラックスした音楽を聴く
  • お香(アロマ)を焚く
  • 深呼吸を意識する
  • 身体をほぐしてもらう

身体が固くてよいことはないです

未病を防ぐためにももっと生活の中にリラックスを取りいれましょう。