呼吸法

2019年03月16日

健康法いっぱいありますよね

あなたも何か自分に合った健康法されていると思います。

その中で簡単で場所要らずな健康法があります。

それは


呼吸法です。


呼吸法は、何千種類とありまして

どれも効果が高いです。

特にヨガなんかは、呼吸を大事にしています。

呼吸法がなぜいいのか?

考えたことありますか?

普段人は、意識しないと呼吸が浅くなってしまっています。

(半分くらいですかね)

デスクワークをやられている方はもっと肺を使えていないです。4分の3くらいですかね

(3分の1の純情な感情かも)

なので酸素不足になってしまっているので、身体に血が巡りづらくなり

疲れやすくなったり頭がぼーっとなったりもします。


そこに、意識的に呼吸をすることで酸素を全身に巡らせることによって

血液を回し全身の細胞に届けられます。


もっと言いますと酸素を細胞の隅々まで送ると

ミトコンドリアに届けられてミトコンドリアからエネルギーが出て

そのエネルギーで身体が元気になります。


ミトコンドリアは、酸素が大好きっこです。

↓↓↓

ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の

活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが

存在し、細胞質の約40%を占めている。

平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、

全身で体重の10%を占めている。

(提供:ウィキペディア)

↑↑↑

余談ですが、都市伝説逝きます。

シリョウ星という星があり恐竜はその星から地球人の遺伝子に

ミトコンドリアを入れるために宇宙人によって連れてこられたとかなんとか

なんでミトコンドリアが必要になったかというと固形物を

食べることを選択したことから消化吸収の関係で必要になったらしい・・・・・

逆に言いますとミトコンドリアがいなくなると食欲もなくなるそうです。


そんな話はさておき

呼吸が浅くなると、背中も丸まりやすくなり猫背気味にもなりやすくなります。

姿勢を気にする方は多いと思いますが、呼吸を意識する方はさすがに少ないです。

セラピストとかヨガをやられている方は

出来ています。

呼吸を常に深く吸う吐くことによって胸回り、

背中周りが常に動くことで身体が固まりずらくなります。

結果良い姿勢も維持しやすくなります。

呼吸が浅いまま背中だけ伸ばしてもすぐに戻ってしまします。

呼吸で体内のミトコンドリア君に酸素をお届けして

いつも生き生きわくわく行きましょう。