ソマチッドご存知ですか?

2019年03月09日

私も最近まで知りませんでした。

健康食品かなんかかとおもっていました。


ソマチッドは、

血液内に生息していてミトコンドリアと二人三脚、

私達の健康を支えてくれる最重要生命体で地球上最古の原子生物だそうです。

顕微鏡学者のガストン・ネサン氏が発見したそうです。


極微小の古代生命体であるソマチットは、30億年前、当時地球上にあった元素の内、

水素電子をエネルギー源として活動しているそうです。

またソマチットはケイ素により活性するということ。

ケイ素とはテラヘルツ鉱石のことです。

テラヘルツからは育成波動が出てますのでそれを受け取って

ソマチッドが波動を起こし熱量を生むそうです。

現状ソマチットの体内は水とケイ素が主成分であることが推測されています。


最近のというか結構前から水素ブームは知っていましたが、

単に水素が体にいいというのもありますが、

水素電子を取り入れることで、体内のソマチッドが

元気になってミトコンドリアに電子を運んでミトコンドリアを

活性化して細胞を元気にさせるという

働きをしているということを知って、俄然興味がわきました。


驚くことに通常環境では不死であって、何十億年も死なない生命体だそうです。

人がポジティブだったりニコニコ笑顔でいると、ソマチッドも元気になるそうで

逆に元気がなかったり病気だとどっかにいてしまうという

わけわかめな生き物です。


自分の意識の持ち方しだいで、微生物や極小生命体に影響を

与えてしまっていますので、大きく見たら人の意識は

地球環境を汚す原因も作っているかもしれません。


人間の体内にはまだまだ発見されていない

大事な生命体がいそうですね。